8月23日(金) | 当店内

<満席>障がいに気づき、障がいと共に歩み始めた1年~私とパートナーの障がいとの向き合い方

皆さんは「障がい」にはどのようなイメージを持たれていますか? 普通に生きてきて、健常者だと思っていたのに。突然、障がい者であると言われたとき、どう受け止めていけばよいのか。私も、パートナーも思い悩んできました。今、知的障がい者として生き始めて1年が過ぎようとしています。その中で気が付いた「人と人とが支えあう生活」を19歳の私が未熟ながら、皆さんにお伝えします。
満席につき、参加お申し込みの受付は終了致しました。
<満席>障がいに気づき、障がいと共に歩み始めた1年~私とパートナーの障がいとの向き合い方

日時・場所

2019年8月23日 19:30
当店内

イベントについて

8月23日(金)19時半~21時頃 開場19時

参加費:3,000円(税込)ワンドリンク、軽食付き

「障がいに気づき、障がいと共に歩み始めた1年~私とパートナーの障がいとの向き合い方」

皆さんは「障がい」にはどのようなイメージを持たれていますか?

普通に生きてきて、健常者だと思っていたのに。突然、障がい者であると言われたとき、どう受け止めていけばよいのか。私も、パートナーも思い悩んできました。今、知的障がい者として生き始めて1年が過ぎようとしています。その中で気が付いた「人と人とが支えあう生活」を19歳の私が未熟ながら、皆さんにお伝えします。

1. はじめに あなたがイメージする障がいって?

2. 私が感じている世界、皆さんが感じている世界の違い(体験ワーク)

3. 演習 パートナーとしてどのようにかかわっていきますか?

4. まとめと振り返り 気づいたこと

参加してほしい方:

・自分の力で何でもしようと思ったけど、うまくいかないと悩んでいる方

・企業で研修されるなど、多くの人の前でお話しされることのある方

・ちょっとした躓きに気づき、これからの商品開発のヒントを得たい方

ラーニング・ディレクター:

片山 果穂

 去年3月に高校を卒業してから、1か月間親の紹介で介護の仕事をしていたが、突然、体が動かなくなり、行けない日々が続く。それをきっかけに親ともぶつかり合い、現在のパートナーと一緒に暮らし始め、1年間かけて、自分自身のこれまでできなかったことの理由と1つずつ向き合い始める。11月に知的障がい者として認定され、できないことにモヤモヤを感じながらも、新たにペットYouTuberとして、本年4月からデビュー。毎週木曜日に動画をアップロードし続け、TikTokのフォロワー1000人を超えようとしている。

乾 和広

 片山 果穂のパートナー。現在は、中学校で障がいのある生徒の学級を担任している。

大学2回生から年間50本以上の映画を観続け、全てをレポート化してきた。いじめ0の学校づくりを実現するために、自分自身の力をつけることはもちろん、より多くの人が、学びに集中し、自分自身の可能性を花開かせる教育実践を続けている。 現在、異業種交流会 LMN 代表 プレミアムみどり勉強会 世話役

チケット設定
価格
数量
合計
  • Sold Out
    参加費(ワンドリンク、軽食付)
    ¥3,000
    ¥3,000
    0
    ¥0
このイベントは完売です

このイベントをシェア