top of page

10月08日(土)

|

オンラインイベント

<オンライン開催>歴史を学ぶってなんだろう〜現代を生き抜くための「歴史思考」の身に付け方〜

~オンライン開催~  歴史はただの暗記物?  いいえ、今こそ大切な、変化が激しく先の見えない現代を生き抜くための大きな力となります。 歴史の資料・出来事から背景を見つめ直すことは、人の営みや社会のあり方への理解を深めること繋がります。この講座では、歴史を学ぶことが現代を生き抜くことにどのように活かすことができるのか、対話しながら考えていきます。 一緒に「歴史思考」を身につけていきませんか?

満席につき、参加お申し込みの受付は終了致しました。
閉じる
<オンライン開催>歴史を学ぶってなんだろう〜現代を生き抜くための「歴史思考」の身に付け方〜
<オンライン開催>歴史を学ぶってなんだろう〜現代を生き抜くための「歴史思考」の身に付け方〜

日時・場所

2022年10月08日 19:30

オンラインイベント

参加者

イベントについて

10月8日(土)19:30〜21:00

<オンライン開催> 「歴史を学ぶってなんだろう〜現代を生き抜くための「歴史思考」の身に付け方〜」

参加費:1,000円(税込)

<概要>

歴史はただの暗記もの考えている方も多いのではないでしょうか? 社会人になってから歴史を学ぶ意味はあるのでしょうか? 私は社会人こそ、そして今の時代こそ歴史を学ぶべきだと考えています。 歴史を学ぶとは、資料から出来事を読み取り、その背景から見つめ直すことで、人の営みや社会のあり方への理解を深めることです。 この営みこそが、変化が激しく先の見えない現代を生き抜くための大きな力となります。 

この講座では、歴史を学ぶことが現代を生き抜くことにどのように活かすことができるのか、対話しながら考えていきます。 

1.歴史を学ぶってどういうこと?

2.歴史を学ぶことがなぜ役に立つのか 

3.今こそ「歴史思考」を身に付けよう

<参加してほしい方> 

・歴史に関心がある方 

・より良く生きていくための新しい考え方を身に付けたい方 

・対話しながら新しい知識を楽しく学びたい方

<ラーニング・ディレクター紹介>

渡辺悠太 

京都大学大学院文学研究科日本史学専攻修了。

京都大学文学部在学中に宗教の歴史の面白さに目覚め、大学院修了までの約3年間「神社」と「病気」と「天皇」の関連について研究を行う。1000件を超える事例を収集した結果を考察したものを修士論文「古代の治病祈願からみる伊勢神宮と天皇」としてまとめた。 現在は、人の学びや成長に関心を持ち、コンサルタントとして、企業のデジタル人材育成支援に取り組んでいる。

----------------------------------------------

<オンラインクラスご参加への注意事項>

-Zoom参加への手順は以下のページを参照ください。  

https://zoomy.info/manuals/sanka/ 

※スマホやタブレットでも接続できますが、ラーニング・クラスなど資料を用いる場合は、PCからの参加を推奨します。   

-安定したインターネットのある、静かな場所で繋いでください。   

-電力の消耗が激しいため、デバイスの充電を十分にしておくか、電源に繋ぎながら参加ください。

----------------------------------------------

チケット設定

  • オンライン参加費(ラーニングバー会員)

    ラーニングバー 会員様はこちらで購入ください。

    ¥1,000
  • オンライン参加費(非会員)

    ラーニングバー 非会員様はこちらで購入ください。

    ¥1,000
  • スタッフ用

    ¥0

合計

¥0

このイベントをシェア

bottom of page